読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言の葉と文字列のあいだ

少しの間、あなたの時間をください。

二重国籍問題の論じられ方に関する違和感

 はいはい「二重国籍」のお話です。

 先に断っておきますが、今回の記事で私は政治的主張を繰り広げるつもりは毛頭ありません。ただ、民進党の臨時党大会も終わり、大方の予想どおり蓮舫議員が代表になったそうですので、もう何を書いても政治的な意味はないと思いますので、この記事を公開することにしました。もし政治的意図があるなら、代表選の前に公開すればいいことですしね。

 私は、純粋に法務の視点からこの問題の論点を提示したいと思います。この場合、いったい二重国籍であることの何が問題なのでしょう?

 まず最初に個人的なスタンスを表明しておきますが、私は両親が日本人で出生も日本国内であるため、日本国籍しか持っていません。しかし、日本国内にも二重国籍あるいは三重国籍という方が少なからずいらっしゃって、「国籍を自ら選択できる」ことは、選択肢が多くあるという意味ではうらやましく感じたりもしますし、例えば自分の子どもに二重国籍を持たせるためにあえてハワイなどに行って出産したりする夫婦がいらっしゃるというのもよく聞く話です。一方で、重国籍の方の中には、多くの苦悩や葛藤を抱えている方がいらっしゃるということももちろん存じております。

 しかし、日本には「国籍法」という法律があり、法律上は重国籍を認めていません。この問題に関して、今日のニュースで、法務省があくまで一般論としてですが国籍法違法に当たる可能性があるとの見解を示しました。ただし罰則はありません。

headlines.yahoo.co.jp

 問題となっている国籍法の規定は、以下の部分です。

第十四条 外国の国籍を有する日本国民は、外国及び日本の国籍を有することとなつた時が二十歳に達する以前であるときは二十二歳に達するまでに、その時が二十歳に達した後であるときはその時から二年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。 

 2 日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣言(以下「選択の宣言」という。)をすることによつてする。

(中略)

第十六条 選択の宣言をした日本国民は、外国の国籍の離脱に努めなければならない。

 この第14条と第16条の規定です。蓮舫議員は、日本の「国籍を選択」(第14条)し、「外国の国籍を放棄する旨の宣言」(第14条2項)は行っていたが、実際には「外国の国籍の離脱」(第16条)を行っていなかった、ということになると思います。簡単に言うと、約束したけど守りませんでした、ということです。

 これに関して、主に蓮舫議員を擁護する立場の方から、公然と第16条は「いわゆる努力規定だから守らなくても違法ではない」とか「罰則がないのだから問題ない」といった意見が論じられているのを見ていて、私は強い違和感を感じていました。私は国籍法の専門ではありませんが、法務に関わる人間の一人として、こういう論理は看過できません。

 私は、重国籍の方がみな違法行為を行っているからけしからん、というつもりは全くありません。最初に申し上げたように、国籍というのは、その人の家族やルーツの問題であったり、生活や就労の問題であったり、政治や宗教の問題であったり、いろいろな背景があることであり、やむを得ず重国籍のままである方もいらっしゃるでしょうし、それ故に深い苦悩や葛藤があるのだろうと思います。そして、だからこそ「努力規定」になっているのです。今日の法務省の見解も、個別・具体的な事案ごとの判断になるので一概には言えない、とされています。

 では、蓮舫議員のケースでは何がいったい何がそんなに問題なのでしょうか。

 私が考えるポイントは、たった一つだけ。

 私は、蓮舫議員が「議員」であるからこそ問題なのだと思うのです。参議院議員であるということは、国権の最高機関たる立法府を構成する一員であり、法律を「作る側」の人間だからなのです。

 努力規定であっても、法律は法律です。仮にも国会議員が、この法律のこの規定は努力規定だから守らなくてもいいとか、罰則がないから問題ないとか、そんな理屈が通るわけがないのです。一般の公務員でもそんな理屈は通りません。自分は日本人だと思っているとか日本を愛しているというのも、素晴らしいことだとは思いますが感情論です。

 守らなくていい法律は最初から作られません。努力規定であっても、罰則がなくても、法律を守ることは日本国民の義務であり努めであり、それを範をもって示すべき国会議員が、それを作る側の人間が「守らなかった」ことが問題なのです。あるいは、「守らない人」が国会議員になったことが問題だと言えるかもしれません。実際に、蓮舫議員はあっさり台湾籍を離脱したわけですから、「選択の宣言」をしたにも関わらず「離脱に努め」ていなかったことが結果的に明白になってしまったわけです。

 これから、蓮舫代表のもとで民進党は、法案を国会に提出することになると思います。条文に「努力規定」が入ることも当然あるでしょう。ではその努力規定について、もし私が与党の人間だったら、民進党に対して「この条文の努力規定は御党では別に守らなくていいという見解なんですか?」と質問すると思います。だって、代表が守る気なかったんじゃん、という話です。それが、法律を作る側の人間が背負う十字架であり、「覚悟」なのです。

 蛇足ですが、私は今回のことは、蓮舫議員が仮にどこの党の所属であっても、いかなる人物であったとしても、一切関係なく批判していました。そのスタンスは留保しておきたいと思います。国会議員が、ちょっと法律に対する認識が甘くないかな?あなたたちはいったい何をするために存在しているの?ということをよくお考えいただきたいと思います。

 真剣に法律を学ぶ一人の人間として、あえて苦言を呈しました。 

 では。